介護って疲れるし、介護って大変だね~認知症VS指定難病

大脳皮質基底核変性症という指定難病の父、アルツハイマー型認知症の母、二人の要介護者と三人の介護者

Count per Day

  • 101現在の記事:
  • 1今日の訪問者数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 9689総訪問者数:
  • 10982総閲覧数:
  • 3.71一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2015-08-17カウント開始日:

seo


  • SEOブログパーツ

© 介護って疲れるし、介護って大変だね~認知症VS指定難病 All rights reserved.

20159/11

認知症の診断・治療・予防

こんにちは!
認知症サポーターリョウです。

今日は父母共にデイサービスへ行っています。
デイサービスは別々の所です。
2人とも家にいないのは気を使わないでいいので仕事もはかどります。

さて、今回は認知症の診断・治療・予防についてです。

早期発見、早期受診・診断、早期治療が大事なわけ
認知症の早期の発見、早期の受信・診断、早期治療はその後の認知症の人の生活を左右する非常に重要なことです。
認知症はどうせ治らないから医療機関にかかっても仕方ないという誤った考え方は改めましょう。
初期は専門の医療機関の受診が不可欠です。
認知症の診断は初期ほど難しく、熟練した技術と高度な検査機器を要する検査が必要となります。
専門の医療機関への受診が不可欠です。
受診の内容
CT,MRI,脳血流検査などの画像検査、記憶・知能などに関する心理検査に加え、認知症のような症状を引き起こす身体の病気ではないことを確認する検査を行います。
早い時期に受診することのメリット
⇒病気が理解できる時点で受診し、少しずつ理解を深めていけば生活上の障害を軽減でき、その後のトラブルを減らすことも可能です。
⇒障害の軽いうちに障害が重くなった時の後見人を決めておく(任意後見人制度)等の準備をしておけば、認知症であっても自分が願う生き方を全うすることは可能です。

治る病気や一時的な症状の場合もあります
 認知症のような症状が出ても、治る病気や一時的な症状の場合もありますが、長期間放置すると、回復が不可能になります。
・正常圧水頭症、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫・・・脳外科的処置で劇的に良くなる場合があります
・甲状腺ホルモン異常・・・・・・・・・・・・内科的治療でよくなります
・不適切な薬の使用・・・・・・・・・・・・・薬を止めたり薬の調整で回復します
PIC-20140922193454
認知症の治療
アルツハイマー病
早期ほど、薬で進行を遅らせることが出来ます。
初期から使い始めると健康な時間を長くすることも可能になります。
*塩酸ドネぺジル、リバスチグミン、ガランタミン、メマンチンなどの薬が広く使用されていますが、
効果には大きな個人差があります。
脳の細胞が死んでいくスピードを止めたりする作用はなく、根本的な治療薬ではありません。

脳血管性認知症
治療は可能です。
薬や身体活動を高めるリハビリテーション、脳梗塞など、脳血管性認知症の原因となる病気の再発防止などにより、進行を止める可能性が高くなります。

行動・心理症状には原因や状況に応じた療法を
中核症状以外の幻覚、妄想、うつなどの症状や失禁などの行動上の問題
⇒原因や状況に応じて、薬物療法や心理療法、環境の調整、周囲の人の理解など対応方法の工夫をします。
行動・心理症状とは
①脳の細胞が壊れたこと(器質因子)
②持って生まれた素質(素質因子)
③心理的環境的要因(社会心理学的因子)が複合的に関与して起こります。
⇒正しい見立てで、起きている症状の原因を推定し、支援・治療方針を決め、現実的な対応をすることが重要です。

今後の見通しを立て備えることが必要です
認知症の経過
認知症の経過は個人差が大きく、進行が遅い人や進行が止まってしまう人もいます。
進行すると、身体機能の低下が起こり、数年から十数年の経過で歩行が出来なくなり寝たきりになります。
最終的には食べ物を飲み込むことが出来なくなり、肺炎を繰り返すようになります。

軽症の内から専門家との信頼関係を築く
終末医療や介護の方針については、家族や後見人などに任せなければなりません。
認知症が進行したのちの見通しを立て、自分の意志にかなった生活を送るためには、日ごろから周囲の人に自分の生き方、考え方を理解してもらうよう心掛けることが重要です。
image
認知症の予防についての考え方
認知症の予防とは?
認知症発症のリスクを少なくすることです。

・脳血管性認知症の予防
高血圧症、高脂血症、肥満などの対策が有効です。
・アルツハイマー病の予防
運動・食事をはじめとする生活習慣病対策には、発症を遅らせる効果が認められています。
・老化による脳の病気の加速因子を防ぐ
脳や身体を使わないこと「廃用」は認知症の発症や進行を加速させます。
廃用の背景には、うつ病やアルツハイマー病初期に見られるうつ状態が、しばしば隠れています。

脳の活性化を図る
脳の活性化にはいろいろな方法がありますが、何をするにしても大切なのは、下記①~④を心がけ、楽しく行うことです。
本人が嫌がるのに無理強いするのは、ストレスや自信喪失につながり逆効果になります。

①快刺激で笑顔に
心地よい刺激や、笑うことにより、意欲をもたらす脳内物質(ドーパミン)がたくさん放出されます。
②コミュニケーションで安心
社会との接触が失われると、認知機能の低下を促進させます。
友人や家族などと楽しく過ごすことが大切です。
③役割・日課をもとう
人の役に立つことを日課に取り入れることが、生活を充実させ、認知機能を高めます。
④ほめる、ほめられる
ほめても、ほめられてもドーパミンがたくさん放出されます。
脳を活性化させる学習や活動をするときは、ほめて、やる気が起きるようにすることです。

認知症の予防のためには「何をしたらよいか」ではなく、どう刺激ある日常を送るかが重要です。

認知症は本人だけでなく家族への影響も大きいです。
家族の一人(例えば認知症本人の妻だったり、本人の息子娘だったり、息子の嫁だったり)だけに負担が行くと大変なことになります。
出来ることを家族みんなで分担することで一人一人の負担を軽減し、本人を含めて家族全員で取り組まないと未来が暗くなると思います。
そのためにも管理人は今の代理店ビジネスに取り組むことを決断したのです。
自分は仕事だから他の者がやればいい、という考えでは駄目です。
誰かが潰れます。
管理人と一緒に介護と戦うためにもこの在宅ワークに取り組んでみませんか?

興味のある方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

若年性認知症 異常な行動を自覚できているから発見遅れる

認知症は高齢者の病気と誤解をしている人が多い。もちろん認知症は加齢とともに発症しやすい病気ではあるが、高齢でなくても発症することがあり、64…

20161/31

介護保険関連用語説明④

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 さて、今回は介護関連用語の説明です。 完全に覚えなくても確かこういう意味だなくらい頭におい…

介護のレベル分けは、何を基準にしているの?

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 介護のレベル分けは、何が基準になっているの?という記事がありましたので紹介しますね。 …

インスタグラムツールができました!

お待たせしました!! 今、流行りのインスタグラムのクエストできました! インスタグラムを完全攻略!インスタクエストです! http…

ショートステイ(短期入所生活介護)

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 今回は先日話をしましたショートステイについてです。 ショートステイはどういうものか知っ…

20161/5

介護保険関連用語説明③

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 難病の父は1月2日からショートステイに行って今日帰ってきます。 ショートステイについてはま…

201512/25

金スマ 認知症SP 2015年11月27日

x認知症介護 ある日突然、57歳の夫が認知症に…妻が支えた8年間に密着…夫婦愛が奇跡をも­たらす 大山のぶ代の近況 など…

認知症専門サイト「認知症ねっと」2015年 認知症ニュースランキングベスト10を発表!

こんにちは! 認知症サポーターリョウです。 2015年の認知症ニュースランキングが出ていました。 認知症専門サイト「認知症ねっと」…

201512/16

介護保険関連用語説明②

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 今回も介護関連用語の説明です。 知ってると知っていないでは違いますよ。 地域密着型サ…

介護って疲れるし、介護って大変だね~認知症VS指定難病 プロローグ

こんにちは! 認知症サポーターのリョウです。 数あるブログの中から 『介護って疲れるし、介護って大変だね~認知症VS指定難病』へ来てい…

ページ上部へ戻る