介護って疲れるし、介護って大変だね~認知症VS指定難病

大脳皮質基底核変性症という指定難病の父、アルツハイマー型認知症の母、二人の要介護者と三人の介護者

Count per Day

  • 290現在の記事:
  • 1今日の訪問者数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 9689総訪問者数:
  • 10982総閲覧数:
  • 3.71一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015-08-17カウント開始日:

seo


  • SEOブログパーツ

© 介護って疲れるし、介護って大変だね~認知症VS指定難病 All rights reserved.

軽度認知障害(MCI)とは?

こんにちは!
認知症サポーターリョウです。

今回は軽度認知障害MCI)についてですが、その前に
”血液検査でMCIを80%判別。 バイオマーカーとなるタンパク質が明らかに”
というニュースがでていました。

筑波大学医学医療系の内田和彦准教授ら研究グループは、6月26日、
脳内でアミロイドベータペプチドを排除し毒性防御の働きをするシークエスタータンパク質が、
認知機能低下のマーカーになることを明らかにしたと発表。
認知症を減らすには、早い段階で治療を始めることが重要となる。
認知症の予備群を軽度認知障害(MCI)といい、さらにそれ以前に、
プレクリニカル期という臨床症状がなく認知機能にも異常は認められない時期があると考えられる。
現在、アルツハイマー病が発症する20年ほど前から脳内にはアミロイドベータペプチドが蓄積し始め、
それが病気を引き起こす要因の一つであるといわれている。
今回の研究では、アミロイドベータペプチドを脳内から排除し結合して毒性を弱めるタンパク質の血液中の量を調べることが、病気の発症を早期発見する上で有用であることがわかった。
同研究グループは、シークエスタータンパク質の血液中における変化に着目。補体タンパク質、アポリポタンパク質、トランスサイレチンという3つの血清タンパク質を組み合わせた解析(マルチマーカーによる回帰分析)によって、認知機能が健常であるかMCIであるかを、約80%の精度で識別することに成功した。
また独立したコホート研究において、その再現性も確認した。今後は、さらに長期的なコホート研究によって検査の精度を上げ、バイオマーカーによる認知症予備群の早期発見をめざし、認知症発症予防につながることが期待されている。
01 (1)
さて、軽度認知障害MCI)についてですが、
軽度認知障害(MCI)って何かご存知でしょうか?
MCIという単語は見たり聞いたりしたことがあるかもしれませんが、
その中身となるとよくわからない人も多いのではないでしょう?

健常者と認知症の人の中間の段階(グレーゾーン)にあたる症状に、MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)があります。
MCIとは、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいますが、
日常生活には支障がない状態のことです。

MCI5つの定義

1.記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
2.日常生活動作は正常
3.全般的認知機能は正常
4.年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
5.認知症ではない

MCIになるとどうなるの?
MCIの原因となる原疾患を放置すると、認知機能の低下が続き、
5年間で約50%の人は認知症へとステージが進行すると言われています。
厚生労働省は、認知症とその予備軍とされるMCI人口は862万人存在すると発表しています。
驚くべきことにこれは65歳以上の4人に1人です。
意外に思われるかもしれませんが、認知症やMCIはとても身近な症状なのです。

早期発見の重要性
現在治療や投薬により認知症の進行を遅らせることはできても、一部の場合を除き完治することはできません。
(脳腫瘍・慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症・脳血管障害等の外科的治療の対象となる疾患。他にも脳症や、薬の副作用によるせん妄状態など治療可能な状態もあります。)
そのため、MCIの段階で認知機能の低下にいち早く気づき、予防対策を行うことで症状の進行を阻止することはとても大切です。
認知機能低下に対する適切な対策を行うことで、MCIになったとしても、
認知症の症状が最後まで出ずにすむケースもあります。
ご自身はもちろん、ご家族や身の回りの大切な人のためにも定期的なチェックをするのがいいでしょう。

MCIと診断されたら
MCIと診断されたからと言って認知症になることが確定したということではありません。
認知機能の低下に対する適切な対策を行うことで、認知症を発症しないままでいられることもあります。
治療や投薬のみならず、認知症によって低下する能力を鍛えたり、
毎日の生活習慣を認知症が進行しにくいものにしたりすることが重要です。
食習慣を見直し、定期的な運動習慣で脳の生理状態を良好に保ったり、
いろいろな人とコミュニケーションをとり、頭を使って行動したりすることで認知機能を重点的に使って、
機能の改善や維持を図りましょう。

若いからと安心はしていられませんね。
明日は我が身。
少しでもおかしいと思ったらチェックしましょう。
それも定期的なチェックがいいようです。
在宅ワーク介護の合間に自分自身の状態もチェックする必要がありますね。
管理人もチェックしようと思います。

介護の合間に出来る在宅ワーク、代理店ビジネスならコチラ

97%の正確性でMCIを判別するサービスはこちら

認知症・MCI(軽度認知障害)検査テスト「あたまの健康チェック」 電話で10分、97%の正確性で認知症・MCIを早期発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

若年性認知症 異常な行動を自覚できているから発見遅れる

認知症は高齢者の病気と誤解をしている人が多い。もちろん認知症は加齢とともに発症しやすい病気ではあるが、高齢でなくても発症することがあり、64…

20161/31

介護保険関連用語説明④

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 さて、今回は介護関連用語の説明です。 完全に覚えなくても確かこういう意味だなくらい頭におい…

介護のレベル分けは、何を基準にしているの?

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 介護のレベル分けは、何が基準になっているの?という記事がありましたので紹介しますね。 …

インスタグラムツールができました!

お待たせしました!! 今、流行りのインスタグラムのクエストできました! インスタグラムを完全攻略!インスタクエストです! http…

ショートステイ(短期入所生活介護)

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 今回は先日話をしましたショートステイについてです。 ショートステイはどういうものか知っ…

20161/5

介護保険関連用語説明③

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 難病の父は1月2日からショートステイに行って今日帰ってきます。 ショートステイについてはま…

201512/25

金スマ 認知症SP 2015年11月27日

x認知症介護 ある日突然、57歳の夫が認知症に…妻が支えた8年間に密着…夫婦愛が奇跡をも­たらす 大山のぶ代の近況 など…

認知症専門サイト「認知症ねっと」2015年 認知症ニュースランキングベスト10を発表!

こんにちは! 認知症サポーターリョウです。 2015年の認知症ニュースランキングが出ていました。 認知症専門サイト「認知症ねっと」…

201512/16

介護保険関連用語説明②

こんにちは! 認知症サポーターリヨウです。 今回も介護関連用語の説明です。 知ってると知っていないでは違いますよ。 地域密着型サ…

介護って疲れるし、介護って大変だね~認知症VS指定難病 プロローグ

こんにちは! 認知症サポーターのリョウです。 数あるブログの中から 『介護って疲れるし、介護って大変だね~認知症VS指定難病』へ来てい…

ページ上部へ戻る